アクセスカウンタ

普通じゃなくていいんじゃない?

プロフィール

ブログ名
普通じゃなくていいんじゃない?
ブログ紹介
ニックネーム:キップル

札幌市在住。
20代半ばの保育士元公務員
ADHD(不注意型)+アスペルガー症候群

ブログのコンセプトは、Y・H(やりたい・ほうだい)。
「とにかく楽しいをことをしたい」と日々考えています。

たまにオリジナルを書きます。
弾き語り動画もどうぞ。

独学・一発で保育士試験に合格した秘訣はコチラ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
見えない子供の貧困 負の連鎖を食い止めろ! 後編
前の記事でNHKの特集番組を元に「見えない子供の貧困」について書きました。簡単にまとめると… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/13 23:01
見えない子供の貧困 負の連鎖を食い止めろ! 前編
「お父さんもお母さんも忙しくて大変そう。大人になるのは辛いことだから自分の将来が楽しみに思えない」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/13 09:41
個性はピアノで作った曲?
先日、猿の研究者である河合雅雄さんが書いた「子どもと自然」という本を読みました。 内容は猿の生態学という視点から子育てを考えるもので、目からウロコのことが多く、とても面白かったです! その中に「遺伝子を学習という行為で操作して自分自身で作曲した曲、それが個性というものだ」と書いてありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/12 13:41
「私はあなたを軽蔑しません。なぜなら…」
この前、仏教の本を読んでいた時に、法華経に常不軽菩薩という修行者が登場することを知りました。 この人は、誰に会っても「私はあなたを軽蔑しません。なぜなら、あなたはいつか必ず仏になる身ですから」と礼拝していました。 ところが彼はみんなに殴られたり、棒ではたかれたり、散々な目に遭います。 それでも常不軽菩薩は「私はあなたを決して軽んじません」と言い続け、死ぬときに菩薩になったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/10 13:03
信長・秀吉・家康に学ぶ人間の成熟 後編
さて、前編では信長・秀吉・家康の性格を表すとされる有名な句「鳴かぬなら ○○○○○ ホトトギス」を取り上げ、それぞれの欲求不満状況に対する対処法はそのまま人間の成熟段階に対応しているという話をしました。 一言で表すなら信長は攻撃、秀吉は行動、家康は忍耐といえるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 13:03
信長・秀吉・家康に学ぶ人間の成熟 前編
「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」 「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス」 「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 22:16
マンション投資で億万長者? イエスと釈迦は何を思うか 後編
前の記事で、最近マンション投資で巨大な資産を築くサラリーマンが増えているという話をしました。 ここからは、投資によってお金を稼ぐことについて、イエスと釈迦は何を思うか真面目に考えてみます! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/22 00:34
マンション投資で億万長者? イエスと釈迦は何を思うか 前編
久しぶりの記事更新です! 今年は本当に色々なことがあって、例えば臨床心理士指定大学院への挑戦(ダメだったけど…)、転職等々、やっと落ち着いた時間が取れたので、最近見たTV番組を導入にイエスと釈迦のことを考えてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/21 22:31
少年と男
 ガタンゴトン、ガタンゴトン、プシュー。男の背後で一台の電車が止まった。客はほとんど乗っておらず、この駅で乗り降りする人もまばらだった。男が乗る予定の急行電車が来るまであと二分ある。しかし男は向きを変え、背後の電車に飛び乗った。自分でもどうしてそんな行動を取ったか分からない。頭の中は真っ白だった。  ガラガラの座席に腰かけた男は弾んだ息を整えた。まだ意識はぼんやりするが、自分の置かれた状況が分かってきた。自分はサラリーマンで今は出勤前。都心行きの上り列車に乗るはずが、反対方向の下り列車に乗って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/20 12:30
夏の幻
  チリンチリーン。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/23 09:21
タカシの一生
「郵便でーす!」  俺は配達員から荷物を受け取った。荷物には、差出人の名前がなく、俺の住所だけが印字されていた。茶色の紙に包まれた薄くて平たいそれを開けると中には、梱包材に包まれたDVDが二枚入っていた。それは、何の変哲もない白ラベルのDVDだったが、表面に書かれたタイトルを見たとき、俺はドキッとした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/09 00:58
彼女の電話
 俺には、かわいい彼女がいる。付き合って一か月くらいになるだろうか。ドラックストアで働く彼女を見て一目惚れした。それから連絡先を渡したり、デートに誘ったり、色んな方法で猛アプローチした。そして、ラブレターを渡してから俺たちの交際が始まった。  付き合いだしてから分かったことだが、俺と彼女の家は近い。俺のアパートと彼女のマンションは国道を挟んだ向かいにあり、窓から彼女の部屋が見える。仕事から帰ってすぐベッドにダイブしたり、テレビを見て大笑いしたり、料理しながら鼻歌を歌ったり、窓越しに見ても彼女は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/05 22:56
イデアの影
「自然界のすべての現象は永遠の型、つまりイデアのただの影だ。美しきイデア界から来た我々の魂は、望郷の念、すなわちエロスを忘れずにはいられない」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/28 15:56
新・奇怪な世界
 突然、それまでの狭い暗闇に亀裂が入り、光が差し込んだ。あまりのまぶしさに何も見ることができない。私は恐怖のあまり泣き叫んだが、周囲の人々は声を出して笑った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/25 20:28
セツさん
「在原先生、急患です!」  そう言って看護師が俺のデスクにやってきたのは、昼食を終えて午後の仕事を前に一服している時だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/23 22:49
頑固な二人
「お前の顔なんか二度と見たくない。出て行け!」  そう言って、家を追い出されたのはもう何年前のことだろう。人気お笑いコンビ『ペンケトー』のボケ担当 進藤イタル(本名:飯塚大志)は、父親の墓の前で遠い過去の記憶を浮かべていた。  大志が生まれたのは北海道東部の田舎町だ。山と森に囲まれた穏やかな町で彼は育った。小さな頃は引っ込み思案で、何事にも失敗するのを恐れるおとなしい性格だった。ところが小学校高学年の時に、クラスみんなで出し物を披露し合う「お楽しみ会」なる企画があった。そのとき、同級生の村田... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/16 22:52
ヤってやる
「どうせ出会い系の女どもは、金で身体を売るクソビッチばっかだよなぁ。」  小島康平は、スマホの画面を眺めながら、ため息混じりにそうつぶやいた。 「でもだからこそ繰り返してしまう…。」 〈出会い系サイトに勇気を出して初めて登録しました。今夜会ってくれる人、募集しています〉  適当に女たちの写真やプロフィールを物色しているうちに、一つのコメントが康平の目に留まった。 「ミク、二十五歳。ふむ、どうせこいつも清純ぶったクソビッチだろう。よし、こいつもヤってやる!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/14 19:46
コヒガシ 結
転からの続き ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/11 18:51
コヒガシ 転
承からの続き ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/11 18:47
コヒガシ 承
起からの続き ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/11 18:43

続きを見る

トップへ

月別リンク

普通じゃなくていいんじゃない?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる